自分で自分をご機嫌にしよう

自分を大切にして、快適で健康な生活を送ろう!自分の生活から、自由な時間と楽しみとお気に入りをみつけよう!

自分で自分をご機嫌にしよう
LINEで送る
Pocket

75%のデトックスが腸から可能、腸内環境を整えて毒素を出そう!

2018年07月24日 [ 腸内環境、デトックス、毒素 ]
LINEで送る
Pocket

デトックス(detox)とは

最近またよく聞かれる言葉で

デトックスというのがあります。

体内に溜まった毒物を排出させることです。

この呼び名は “detoxification”、

解毒の短縮形からきてます。

つまり、

体内から毒素や老廃物を取り除くことです。

腸内洗浄とか、ずいぶん以前にも

一時流行した覚えがあります。

75%のデトックスが腸から可能、腸内環境を整えて毒素を出そう!

どんな毒素が体内にあるのか?

体内に蓄積される毒素の代表的なものは、

大気汚染物質や食品添加物、環境ホルモン、

有害ミネラルなどで、なかでも

水銀やヒ素、カドミウムといった有害重金属類は

体の酵素の働きを阻害し

活性酸素を活発化させるため

身体への悪影響が大きいとされています。

このような毒素を

便、尿、汗、毛髪や爪などから排出することを

積極的に促すのがデトックスの治療法です。

75%のデトックスが腸から可能、腸内環境を整えて毒素を出そう!

デトックスの方法

食事では、

肝臓の働きを助けるタンパク質や葉緑素、

便による排泄を促進する食物繊維の摂取が代表例で

あわせてヨーグルトなどの乳酸菌で

腸内を整えることも重要とされています。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ
また、発汗を高める入浴、

新陳代謝や血行をよくする運動、

解毒作用のある成分を漢方薬やサプリメントとして

服用する方法なども用いられます。

 

医療機関では

鉛中毒の治療に用いられてきた

合成アミノ酸の一種である

キレート剤の点滴(キレーション治療)によって

毒素の排出を促進する治療が行われています。

 

巷ではデトックスの効果をうたう製品は多々あるが

その効果は、もともと体がもっている

自然治癒力によるものと見分けがつきにくい。

 

元々、腎臓は血液を濾過して

老廃物や塩分を尿として体の外へ追い出し、

肝臓では体内の有害物質の解毒・分解をしている、

と生物で学習した記憶がある。

ここでは、身体の中から

自分で行える方法について調べてみました。

75%のデトックスが腸から可能、腸内環境を整えて毒素を出そう!

身体の中の毒素を抜く体内浄化

現代は生活環境、食習慣などから体内に

不要な有害物質(毒素)が溜まりやすい状況です。

毒素が溜まるということは

新陳代謝が悪いということ。

新陳代謝を活発にし体温を上げると

尿や汗で体内の老廃物を

排泄(=デトックス)しやすくし、

体の代謝機能を高めることにつながります。

 

排泄を促進するには、

身体を温める、

排泄を促す食物を取る、

風呂に浸かる、

基礎代謝を上げるために運動をする

などが効果的といわれています。

 

それから、これは女性限定の話なのですが

毎月ある月経の出血からも

実は排出されているそうです。

そう考えると、厄介な月経ですが

身体のために役立っているんですね。

出産のときには、

胎盤などから一番多く排出されるそうなので

だから出産後の女性の肌は美しいと

言われるのかも知れませんね。

 

マンションの排水管だって、

毎年恒例の高圧洗浄そうじがありますよね。

腸はその排水管と同じで

いつまでも便を溜めておくと

悪玉菌が悪さをするのです。

75%のデトックスが腸から可能、腸内環境を整えて毒素を出そう!

腸内洗浄よりも快便を促す

昔話題になった腸内洗浄って覚えてますか?

便秘ともちがい、通常の便とは異なり、

腸にあるひだとひだの間に

こびりつくように存在している宿便とやらを

取り除くことで腸内環境を改善するそうです。

初めて聞いた時、

そうなことあるの?って感じました。

 

ですが中には宿便は存在しない、

という説もあります。

腸の上皮細胞というものは

約24時間ごとに新陳代謝が行われるため

どんどん古い細胞が剥がれ落ちていきます。

そのため腸のひだに便が長い期間

付着することはありえない、というのです。

しかし腸内洗浄をすると

何かが取り除かれたという事例も数多くあるので

腸の健康状態によっては

宿便がたまることもあり得るとも言われます。

 

けれども

よく健康診断の大腸がん検診でひっかかると、

2次検査で、内視鏡検査を受けさせられます。

前日に下剤を飲ませられますがその後には

腸の中はきれいな状態になっていますよね?

そうでないと内視鏡を入れて

腸の奥まで見れません。

そのことからも、宿便なんてないように思います。

藍の青汁
ただ、腸内環境をよくするために

一度中身を出し切ってリセットするのは

意味があるように感じます。

75%のデトックスが腸から可能、腸内環境を整えて毒素を出そう!

ファスティング(断食)

栄養過多やバランスが偏っていることで

現代社会では多くの人が

生活習慣病などの病気になっています。

1日3食にこだわらず、大昔のように2食でも

栄養的には十分なくらいです。

なので何日も食べない、というのも大変なので

昼に食べ過ぎた時、夜だけ抜いてみるとか

気楽にできることから

始めてみてもいいと思います。

 

すると意外に空腹が気にならず、

かえって胃のもたれなどもなく、翌日の朝には

スッキリして身体が軽く感じられました。

胃腸も休められ、朝でも食欲がでて朝食もおいしく

その後排泄もあり快適な一日を始められたのです。

 

海外ではラマダンという季節に

昼間だけ水も飲まない断食をするそうです。

極端な話ですが、それも一理あるかも

と思いました。

ヨガを教えている方も、朝のみ一食で

あとは水分と少しばかりのナッツを食べるとか

意外に小食です。

 

断食をするぞ、と身構えないで

気楽に試してみて、自分の身体がどうなるのか

反応を楽しんでみてください。

新しい発見があるかもしれません!

 

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です