自分で自分をご機嫌にしよう

自分を大切にして、快適で健康な生活を送ろう!自分の生活から、自由な時間と楽しみとお気に入りをみつけよう!

自分で自分をご機嫌にしよう
LINEで送る
Pocket

NK細胞を活性化!笑いが身体の免疫力をUPする!健康になる効果とは

2018年07月08日 [ 笑い、NK細胞、免疫力 ]
LINEで送る
Pocket

「笑い」が心や体に良いということは

医学的に実証されつつあり

最近では病気の予防や治療においても

注目を浴びています。

 

重篤な病気の患者さんに

楽しい映画や落語などみせたときに

痛み止めの薬の量を減らせたり、

病気の予後が良くて回復早かったりするそうです。

 

ここでは、笑顔がどのように

健康に影響を与えるかをみていきます。

NK細胞を活性化!笑いが身体の免疫力をUPする!健康になる効果とは

笑顔とホルモンの関係

Ron Gutman(ロン・ガットマン)氏が

様々な研究結果をもとに、

笑いのもたらす健康効果や効能を発表しています。

 

笑顔は

ドーパミン、アドレナリン、コルチゾールなど、

ストレスを減少させるホルモンを分泌させ、

エンドルフィンのような幸せホルモンを分泌し

血圧を下げる働きがあるそうです。

NK細胞を活性化!笑いが身体の免疫力をUPする!健康になる効果とは

笑顔の影響力

さらに、

笑顔の人は周りの人への印象が良くなります。

ペンシルベニア州立大学での研究では、

笑顔でいると周りの人に好感を与え、

親切に見えるだけではなく

能力がある人に映るという研究結果も出ました。

 

ウェイン州立大学が行った、

メジャーリーグの野球カードを使った調査では

輝かしい笑みを浮かべていた選手ほど

寿命が長かったという結果が出ました。

 

長生きをしたり健康な人生を歩みたい、

周りからの好感度をアップして

円滑な人間関係を送りたい、

ストレスを軽減したい、

恋人や結婚のパートナーと毎日楽しく過ごしたい。

そんな方はまず、

にっこりと笑顔で過ごすことを心がけてみましょう

ほら、なんだか笑いたくなってきたでしょう?

NK細胞を活性化!笑いが身体の免疫力をUPする!健康になる効果とは

NK細胞とは?

あまり知られていませんが、

若くて健康な人の体にも

1日3000~5000個ものがん細胞が発生しています。

これらのがん細胞や体内に侵入するウイルスなど

体に悪影響を及ぼす物質を退治しているのが、

リンパ球の一種である

ナチュラルキラー(NK)細胞です。

人間の体内にはNK細胞が50億個もあり、

その働きが活発だとがんや感染症に

かかりにくくなると言われています。

NK細胞を活性化!笑いが身体の免疫力をUPする!健康になる効果とは

笑いのプラス効果はいろいろ

笑うと免疫力が高まるだけでなく、

ほかにも体にさまざまな良い効果を

もたらすことがわかっています。

 

脳の働きが活性化

脳の海馬は、

新しいことを学習するときに働く器官。

笑うとその容量が増えて、記憶力がアップします。

また、”笑い”によって

脳波のなかでもアルファ波が増えて

脳がリラックスするほか、

意志や理性をつかさどる

大脳新皮質に流れる血液量が増加するため、

脳の働きが活発になります。

血行促進

思いきり笑ったときの呼吸は、

深呼吸や腹式呼吸と同じような状態。

体内に酸素がたくさん取り込まれるため

血のめぐりがよくなって

新陳代謝も活発になります。

自律神経のバランスが整う

自律神経には、

体を緊張モードにする交感神経と

リラックスモードにする副交感神経があり、

両者のバランスが崩れると

体調不良の原因となります。

通常起きている間は

交感神経が優位になっていますが、

笑うと副交感神経が優位になるので、

交感神経とのスイッチが

頻繁に切り替わることになり、

自律神経のバランスが整います

筋力アップ

笑っているときは心拍数や血圧が上がり、

呼吸が活発となって酸素の消費量も増え、

いわば”内臓の体操”の状態。

静かに過ごすより笑っているほうが、

カロリーの消費量が多くなります。

さらに、

大笑いするとお腹や頬が痛くなるように

腹筋、横隔膜、肋間筋、

顔の表情筋などをよく動かすので、

多少ながら筋力を鍛えることにもなります。

幸福感と鎮痛作用

笑うと脳内ホルモンである

エンドルフィンが分泌されます。

この物質は幸福感をもたらすほか、

”ランナーズハイ”の要因ともいわれ、

モルヒネの数倍の

鎮静作用で痛みを軽減します。

NK細胞を活性化!笑いが身体の免疫力をUPする!健康になる効果とは

NK細胞を元気にする 日ごろの心得7か条

NK細胞の働きを活発にして

がんやウイルスに強い体を保つには、

日常でいくつかの心がけが必要です。

NK細胞はストレスによって弱まり、

うつ状態ではかなり悪影響を受けてしまいます。

まずは以下のことを心がけましょう。

 

1、毎日7~8時間の睡眠をとる

2、心身両面の過度なストレスや疲労を避ける

3、心配や不安、悲しみはなるべく短い時間で乗り越える

4、憂うつ感が長く続く場合は、早めに専門医に相談する

一方、NK細胞を強くするためには、

楽しく笑うだけでなく

以下のような方法がおすすめです。

5、 適度な運動を毎日、少なくとも週3回続ける

もっとも効果的な運動の目安は、毎日約30分、

少し速いと思えるくらいのスピードで

ウォーキングを。

過労となるほどの激しい運動は、

かえってマイナスに。

6、自分の好きなことを見つけて熱中する

たとえば、カラオケ好きな人が熱唱すると

NK細胞が一気に活性化します。

ところが、歌が苦手な人のNK活性は

逆に弱まってしまったという実験結果も。

好きなことに打ち込むときの

集中力がカギとなります。

7、とくにおもしろいことがなくても、笑顔を心がける

NK細胞の働きが弱い人や基準値の人は、

作り笑顔を続けた後に

NK細胞が活性化するという

実験結果が出ています。

”表情はいつも笑顔で”が、

免疫力アップに効果的です。

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です