自分で自分をご機嫌にしよう

自分を大切にして、快適で健康な生活を送ろう!自分の生活から、自由な時間と楽しみとお気に入りをみつけよう!

自分で自分をご機嫌にしよう
LINEで送る
Pocket

冷たい麦茶は猛暑の夏の味方!隠れた効能を知って、暑さを乗り切ろう

2018年07月27日 [ 麦茶、効能 ]
LINEで送る
Pocket

昔は夏といえば、毎日

家で作った麦茶を飲んでいました。

祖母が遊びに来てくれる時、

いつもはっか糖をお土産に

持ってきてくれたものでした。

そのすーっとした薄荷の味と

ほのかな甘さが私のお気に入りでした。

麦茶を飲みながら、こりりと少しづつ

前歯ではっか糖をかじって

口の中で溶かしていると

すっとして一瞬冷たく感じるのです。

その清涼感が何とも言えず好きでした。

祖母が亡くなり、もうずっと

はっか糖を口にすることもなくなりましたが

今でも麦茶を飲むと

祖母と過ごした夏の日と

すっとしたはっか糖の味を思い出します。

冷たい麦茶は猛暑の夏の味方!隠れた効能を知って、暑さを乗り切ろう

麦茶の歴史

麦茶の原料は炒った大麦です。

炒った麦の香りを煮出して楽しむものです。

古代ギリシアでヒポクラテスが

発疹患者にハーブティーとして飲ませた

というから、麦の歴史と共に

麦茶も存在したんですね。

 

日本では、江戸時代になって庶民の間で

温かい麦湯として親しまれたようです。

「夏の夕方より、

町ごとに麦湯という行灯を出だし、

往来へ腰懸の涼み台をならべ、

茶店を出すあり。

これも近年の事にて、昔はなかりし也」

引用:『寛天見聞記』

 

それまでは平安時代に貴族の間だけで飲まれ

室町時代に武士の間にも広まり、

やっと江戸時代末期に普通に飲まれだしました。

夕涼みしつつ、今のカフェのような感じで

麦湯を飲むのが流行っていたのでしょうか。

夏の風物詩として、季語にもなっていますね。

冷たい麦茶は猛暑の夏の味方!隠れた効能を知って、暑さを乗り切ろう

麦茶の優れた効能

現代では麦茶という名前ですが、

ご存知の通り元はといえば大麦です。

お茶とは違いカフェインはありません。

そのため、赤ちゃんでも飲める安心な飲み物です。

暑い夏には、0歳児の息子にも

薄めて常温で飲ませていました。

まだミルクしか飲めない赤子でも

さっぱりした味が気に入り、

ごくごくと飲んでいたものです。

 

実はあまり気にしたことがなかったのですが

麦茶には優れた効果がありました。

 

・Pクマル酸が成人病の原因となる活性酸素を

消滅させる、「ガン」「脳卒中」「心筋梗塞」

「糖尿病」等の予防

・胃の粘膜を守り、糖尿病の合併症や

胃潰瘍の予防、炎症を抑える

・焙煎時に発生する香ばしい香りの元

『ピラジン』には、血行を良くする作用があり、

肩こり・冷え性の改善に

・天然のアミノ酸であるギャバ(GABA)には

リラックス効果やストレス、高血圧予防にも

・カリウムの利尿効果があるので、むくみを予防

・鉄、亜鉛、ケイ素などミネラルが美肌に

・ビオチン(ヴィタミンH)が皮膚の再生促進

・食物繊維が豊富なので、便秘にも

・虫歯の原因であるミュータンス菌を抑制し

バクテリアの定着を予防する

・口臭予防

こんなにも沢山あるとは思いませんでした。

 

また、麦茶の有効成分を効果的にとるには

丸粒麦茶かティーバッグ麦茶を5分以上

ヤカンなどで煮出したものが良いようです。

香りも水出しの時より熱い湯のほうが

香ばしさが強く感じられるように思います。

冷たい麦茶は猛暑の夏の味方!隠れた効能を知って、暑さを乗り切ろう

まとめ

暑い夏に体内の熱を冷ましてくれる麦茶。

ノンカフェインなので、量を気にせず飲めますね。

ただし、冷たいものを一気にとると

内臓を冷やします。

夏場はどうしても冷たいものばかり

飲んだり食べてしまいますので

胃液を薄めたために消化不良には気を付けて。

一度に飲むには100~200㎖くらいにして

こまめに水分補給してください。

夏バテ防止のためにも

たまには、温かい麦茶もおいしいですよ。

最後に、

大麦アレルギーを発症する方もいますので、

麦茶を飲用して気分が悪くなったり、

いつもと違う変化が表れた場合は

アレルギーの可能性が高いので、

すぐに飲むのを止め、

病院で診てもらいましょう。

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です