自分で自分をご機嫌にしよう

自分を大切にして、快適で健康な生活を送ろう!自分の生活から、自由な時間と楽しみとお気に入りをみつけよう!

自分で自分をご機嫌にしよう
LINEで送る
Pocket

「欧米人とはこんなに違った、日本人の体質」体に合った病気の予防法

2018年08月06日 [ 日本人、体質、健康、病気予防 ]
LINEで送る
Pocket

健康番組を見たり本を読んだりして、

知らなかったことを知るのは楽しいですね。

でも、全部を鵜呑みにすることはしません。

医学でもなんでも、日進月歩ですからね。

この間まで正しいと思われていてことが

実は正反対っだてことも、ありうるんですから。

 

同じ人間でも、人種によって

同じことをしてはいけないらしいです。

オリンピックをみていても、

アジアと欧米、アフリカなど体格からして

見るからに明らかに違いますものね。

だから、体質もかなり異なるんですね。

ここでは、日本人にはどういったことをすれば

健康にいいのかを見ていきたいと思います。

「欧米人とはこんなに違った、日本人の体質」体に合った病気の予防法

健康第一、興味の中心

それにしても

最近のTVの番組って、健康に関するものが

多くなったとおもいませんか?

まあ、家で夜7時~9時にTVを見ている視聴者の

ほとんどが健康問題に関心が高い年齢層だから

という理由を聞けば、スポンサーも納得です。

 

そこでは、予防に関する気になる健康法が

いろいろな分野のお医者様たちによって

食生活も絡めて、繰り広げられます。

各局、林修氏か池上彰氏に頼るか、健康番組か。

ま、ニュース以外では

この辺しか興味持てそうにないし、仕方あるまい。

「欧米人とはこんなに違った、日本人の体質」体に合った病気の予防法

予防医学

大体、予防医学という分野は比較的新しく

そういうことでは先を行く

アメリカを中心に研究がおこなわれていました。

アメリカは、周知のとおり

いろいろな人種が移民してできた国です。

だから、最初から人種別に

医療研究が細かく分化しています。

以前は、病気の早期発見や重症化阻止を目的に

健診を行っていました。(2次予防)

しかし現在は、病気の予防、健康への啓発、

健康増進、特殊予防(教育、予防接種など)

が中心になっています。(1次予防)

 

すると、主にアメリカでの臨床実験、統計なので

どうしても食生活や体格、生活習慣が

日本とは異なります。

だから、薬の治験なども

日本国内でやりなおさないと

私たちには合わないこともあるのです。

「欧米人とはこんなに違った、日本人の体質」体に合った病気の予防法

健康法もガラパゴス

ガラケー携帯と同じく、日本人の体質も

四方を海に囲まれた島国の中で

独自の進化と遂げているのです。

固有の生活習慣、食生活を持つため、

欧米人と比べると、

髪の毛や瞳の色など外見だけでなく

筋肉のつき方、脂肪の質、体温、

食物の消化吸収力、アルコールの分解力、

インスリンの量、腸内環境など、

長い間に特有の遺伝子を持つようになりました。

「欧米人とはこんなに違った、日本人の体質」体に合った病気の予防法

日本人の体質

このように、持って生まれてきた遺伝的素因と

その後生活するなかでの環境要因との

相互作用によって形成されてきた体質ですが、

2003年大きな話題となった、人間のゲノム解析から

おもに欧米人のDNA遺伝子情報が解読されて、

最近2016年、やっと日本人のDNAも解き明かされ

新しくわかってきたことがあるそうです。

以下、ポイントを挙げてみます。

 

・皮膚がんは少ない

 

・アトピー性皮膚炎は多い

 

・結核の発症率は先進国でも高い

 

・ピロリ菌感染率が高いため胃がんが多い

 

・肝炎ウイルスを持つため、肝臓がんが多い

 

・筋トレしても黄色人種は

赤筋ではなく、白筋がつく。

白筋では、基礎代謝を上げられず、

摂取カロリーを減らさないと痩せない

 

・内臓脂肪がつきやすいので、

どんな油も控えるべき。オリーブ油も同様

 

・牛乳を飲んでも、カルシウム吸収にはならない

乳糖不耐症で牛乳を消化できない人が多いし、

カルシウムは海藻や大豆や小魚でとれる。

海藻を消化できるのは、日本人だけ

 

・赤ワインはポリフェノールの効果より、

アルコールの害のほうが大きい。

肝臓でアルコールを分解する酵素が弱く、

アル中や肝臓がんになる可能性が大きい。

 

・ヨーグルトなどの乳製品より、

植物性乳酸菌のほうが合う。

元来の腸内細菌に、善玉菌が多く悪玉菌は少ない

 

・基礎代謝が下がる夏に、

高カロリー食をとれば太る

 

・動物性脂肪の取りすぎで、

消化しずらいため便秘になる

 

・カフェインで頭痛や抑うつなど起すタイプが多い

 

また、同じ遺伝子要因を持っていても

生活習慣などの違いで、環境要因が異なれば

同じ病気に必ずしもなるわけでもないそうです。

「エピジェネティクス」という

遺伝子の切り替えスイッチがあり

これが遺伝子への作用を切り替えてるそうです。

それに、遺伝子変異自体がおこることもあります。

まだまだ分かっていない関係性は多そうです。

「欧米人とはこんなに違った、日本人の体質」体に合った病気の予防法

まとめ

今までの知識、見聞と比べても

ずいぶん印象が変わりましたね。

よかれと思ってしていたことが、

全く違っていて驚いた点も多かったです。

全部が自分に当てはまるわけでもなく、

かと言ってやっぱり、と思うところもあり。

食生活については、他でも

いろいろと話題になっていることもあり、

自分の体で試してめて

合うものを選んでいこうと思います。

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です